五单君命希望的曲作者杉山胜彦为乃团写的当即篇歌唱,依然留下有“希望”的核心。虽然歌词切入的角度是将坏的“我”,但仍然充满了针对爱之口深入的眷恋和祝福。
宋词里来同段写转世之后作为婴儿出生的“我”,希望同“你”再同浅碰到,于是约定了提拔“你”这个新生儿就是“我”的道是执掌在亲手眨眨眼,真是好的宜人却同时难受。
一律霸里最为爱的一模一样篇歌,也认为花花作C也是怪适宜,就如是君名希望虽然是少年C,但是整首歌却特别的适合花花的风采,也许杉山老师的风格就是是这样吧。

1945年12月25日。
友子、太陽がすっかり海に沈んだ。
これで、本当に台湾島が見えなくなってしまった。
君はまだあそこに立っているのかい?

僕がいる所
本人之存在的处

友子、許しておくれ、この臆病な僕を。
二人のことを決して認めなかった僕を。
どんなふうに、君に惹かれるんだったっけ。
君は髪型の規則も破るし、よく僕を怒らせる子だったね。
友子。君は意地張りで、新しい物好きで、
でも、どうしょうもないぐらい君に恋をしてしまった。
だけど、君がやっと卒業した時、僕たちは、戦争に敗れた。
僕は敗戦国の国民だ。貴族のように傲慢だった僕たちは、
一瞬にして、罪人のくび枷を科せられた。
貧しい一教師の僕が、どうして民族の罪を背負えよう?
時代の宿命は時代の罪。
そして、僕は貧しい教師に過ぎない。
君を愛していても、諦めなければならなかった。

Performance:秋元真夏、生田絵梨花、生駒里奈、衛藤美彩、斎藤ちはる、桜井玲香、白石麻衣、高山一実、西野七瀬、橋本奈々未、深川麻衣、星野みなみ、堀未央奈、松井玲奈、松村沙友理、若月佑美

三日目、どうして、君のことを思わないでいられよう。
君は、南国のまぶしい太陽の下で育った学生、
僕は雪の舞う北から海を渡ってきた教師、
僕らはこんなに違ったのに、
なぜ、こうも惹かれあうのか?
あの眩しい太陽がなつかしい、
あつい風がなつかしい、
まだおぼえてるよ、
君が赤蟻にはらをたてる様子、
笑ちゃいけないとわかてった。
でも、赤蟻をふむようす、きれいで不
思議なステップを踏みながら、
踊っている様子、怒ったにぶり、
はげしく軽やかな笑い声、
友子、そのとき、僕は恋に落ちだんた。

君のことを考えた
本人眷恋了相思关于君的政工
僕が死んだ日のことを…
在自己死的那么同样天…
ずっとそばにいたいけど
尽管如此想直接随同在若
別れはやってくる
然离别终究还是会到

強風が吹いて
台湾と日本の間の海に
僕を沈めてくればいいのに
そうすれば
臆病な自分を負ってやまさずにすむ
友子、たっだ数日の航海で
僕はすっかり老け込んでしまった
潮風がつれてくる泣き声を聞いて
甲板から離れたくない
寝たくもない
僕の心は決まった
陸に着いたら
一生、海を見ないおこう
潮風よ
なぜ、泣き声をつれてやって来る
人を愛して泣く
嫁いで泣く
子供を生んで泣く
君の幸せな未来図を想像して
涙が出そうになる
でも、僕の涙は潮風に吹かれて
あふれる前に乾いてしまう
涙を出さずに泣いて
僕は、また老け込んだ
憎らしい風
憎らしい月の光
憎らしい海

君はきっと泣くだろう
乃一定在哭泣吧
僕のいない現実に…
面自己曾经非在的现实…
いくら泣いても泣いても
唯独无论是哭了不怎么次
涙が止まらない
泪液还是无法停止

夕方、日本海に出た
昼間は頭がわれそうに痛い
きょうは,こい霧がたちこめ、昼の間、
僕の視界をさえきった
でも、いまは星がとてもきれいだ
おぼえでる、君はまだ中学一年生だったごろ、
天狗が月おく農村の伝説をひばりだして
月食の天文理論に挑戦したね
君に教えておきたい理論は、もうひとつある
君は、いま見ている星の光が
数億光年の彼方にある星から放たれてる
知ってるかい
わ~数億光年の前に放たれた光が
いま、僕たちの目に届いてる
数億年の前、台湾と日本は、
いったいどんな様子だったろう
山は山、海は海、でも、そこに誰もいない
僕は、星空が見たくなった、うつろやすい、
こんな夜で、永遠が見たくなったんだ
台湾で冬を越すらいぎょの群れを見たよ
僕はこんな思いを一匹に託そう
漁師をしている君の父親が、
捕まえてくれることを願って
友子、悲しい味がしても、食べておくれ
君にはわかるはず、君を捨てたのだはなく、
泣く泣く手放したということ
みんなが寝ている甲板で、低く何度も繰り返す
棄てたのではなく、泣く泣く手放したなど

空の上から見てる(僕も)
于天上向下为在若(我哉是)
悲しくて悲しくて(つらい)
殷殷无边无际(难给方)
でも叫んでも 声は届かない
唯独无论如何叫喊 声音呢传不到你那么去
慰めようにも 見えない存在さ
想念去劝慰你也举行不至 我只是你看无展现之在

夜が明けた
でも、僕には関係ない
どちみち、太陽がこい霧がつれてくるだけだ
夜明け前の洸惚の時、
年老いた君のゆうびの姿を見たよ
僕は、髪がうすくなり、目もたれていた
朝の霧が舞う雪のように、僕の額をおい
はげしい太陽が君の黒髪を焼き尽くした
僕らの胸の中の最後の余熱はかんぜんにん冷め切った
友子、無能な僕を許しておくれ

だから決めたんだ
故自己操了
僕がいる場所を…
自所当的地方…
部屋の右側の壁の端っこに
凡是房右侧墙壁的角
悲しくなったら ここへおいで
若是你感到难过的说话 就来此处吧
背中つけて
以背着紧依着墙

友子、無事に上陸したよ
七日間の航海で、
戦後の荒廃した土地に,ようやくたてたのに、
海が懐かしんだ
海がどうして、希望と絶望の両端にあるんだ
これが最後の手紙だ、あとでだしにいくよ
海にくばわれた僕たちの愛
でも、思うだけなら、許されるだろう
友子、僕の思いを受け取っておくれ
そうすれば
すこしは僕を許すことができるだろう
君は一生僕の心の中にいる
結婚して子供ができでも
人生の重要な分岐点にくるたび
君の姿が浮かび上がる
重い荷物をもって家出した君
行きかう人ごみの中に、ぽっつんと佇む君
お金をためて
やっと買った白いメディアス帽をかぶってきたのは
人ごみの中で、君の存在を知らしめるためだったのかい
見えたよ
僕には見えたよ
君は静かに立っていた
七月のはげしい太陽のように
それ以上直視するのはできなかった
君はそんなにも、静かに立っていた
冷静につとめたこころが一瞬に熱くなった
だけど、ぼくは心の痛みを隠し
心の声を飲み込んだ
僕は、知っている
思慕という低俗の言葉が
太陽の下の影のように
追えばにげ
逃げれば追われ
一生
あ、虹だ
虹の両端が海を越え
僕と君を、結びつけてくれますように

ごめん 一人置いて行って…
对不起 留下了公一个人…
たったひとつ気がかりだよ
乃是本人在当时世界唯一的牵挂
だからそっと微笑んで
从而告展露微笑吧
僕を許して欲しい
原我之离

君を忘れたふりをしよう
僕たちの思い出が渡り鳥ぼように
飛び去ったと思い込もう
君の冬は終わり
春が始まったと思い込もう
本当にそうだと思えるまで
必死に、思い込もう
そして
君が永遠に幸せであることを祈っています

もしも生まれ変わったら(絶対)
倘还有来生的话语(绝对)
君にもう一度逢いたい(神様)
尚惦记跟公还同不好偶遇(神啊)
でも赤ちゃんの 僕を君は見て
唯独当你瞧瞧还是婴儿的自己
気づいてくれるか 僕だってわかるかな
会发现得到吗 那就是我哟

12月の海はどこか怒っている
恥辱と悔恨に耐え
さわがしい揺れを伴いながら
僕が向かっているのは故郷なのか
それとも、故郷を後にしているのか

だから決めたんだ
因而我说了算了
僕のその証拠
证明那是自己的法子
君の手を握り 二回ウィンクする
就是拿在若的手 眼睛忽闪两下蛋
ぐずっていたって眠ってても
无在哭闹或在安睡
キスをしてよ
来亲一亲自我吧

人は永遠じゃない
人数无见面永生
誰も去る日が来る
何人都出回老家的平等天
だけど愛だけはずっと残る
但是爱会永远存在下来
僕がいなくなっても
便自己未以了
まわりを見回せば
请求看周围
ちゃんと君の近くにいる
自虽以公的身边
永遠に見守ってる
永远地守护在你

だから決めたんだ
因此我操了
僕がいる場所を…
自身所于的地方…
部屋の右側の壁の端っこに
凡是房右侧墙壁的角落
悲しくなったら ここへおいで
而你感觉到难过的话语 就来此处吧
背中つけて Ah
拿背紧依着墙 Ah

だからそう君も 約束して欲しい
于是想如果和你预约
一週間くらい泣いて暮らしたら
于哭泣了一如既往完美时间后
深呼吸をして空を見上げ
呼吁期待天空做个坏呼吸
笑顔を見せて
浮现你的笑颜

君のことを考えた
自我思念了想关于您的工作
僕が死んだ日のことを…
于自己如果怪去之那无异上……、
ずっとそばにいたいけど
尽管想直接随同着您
別れはやってくる
而是离别终究还是会见到

发表评论

电子邮件地址不会被公开。 必填项已用*标注