さよならの夏~コクリコ坂から~
分别之夏天

さよならの夏~コクリコ坂から~

手島葵

作詞:万里村ゆき子
谱写:坂田晃一
カテゴリ:「コクリコ坂から」 主題歌

光る海に かすむ船は
波光粼粼的海面,斑驳朦胧的船影

光る海に かすむ船は
 さよならの汽笛 のこします
 ゆるい坂を おりてゆけば
 夏いろの風に 逢えるかしら
 私の愛 それはメロディー
 たかく ひくく うたうの
 私の愛 それはかもめ
 たかく ひくく 飛ぶの
 夕陽のなか 呼んでみたら
 やさしいあなたに 逢えるかしら
 
だれかが弾く ピアノの音
 海鳴りみたいに きこえます
 おそい午後を 往き交うひと
 夏色の夢を はこぶかしら
 わたしの愛 それはダイアリー
 日々のページ つづるの
 わたしの愛 それは小舟
 空の海をゆくの
 夕陽のなか 振り返れば
 あなたはわたしを 探すかしら
 
散歩道に ゆれる樹々は
 さよならの影を おとします
 古いチャペル 風見のとり
 夏いろの街は 見えるかしら
 きのうの愛 それは涙
 やがて かわき 消えるの
 あしたの愛 それはルフラン
 おわりのない言葉
 夕陽のなか めぐり逢えば
 あなたは私を 抱くかしら

さよならの汽笛 のこします
单独剩余,别离的汽笛

分手的夏季~自虞美人的坡~

ゆるい坂を 下りてゆけば
就斜坡,顺势而生

闪烁之海上 投下阴影的船
分开之汽笛 回响在水面
倘自缓缓 步下山坡
会否遇见 风吹起夏的颜料
我的爱 是那歌
高高低低 唱着歌着
我的爱 是海鸥
高高低低 飞过飞过
若果自当在 夕阳呼唤
会否遇见 温柔的若

夏色の風に 会えるかしら
是不是会见于夏天底民谣中遇见你

举凡谁弹起 钢琴之音色
放任来如是 海在唱歌
午后傍晚 行人交错
是不是载在 梦染了夏天的水彩
我的爱 是日记
连发页页 记着笔记在
我的爱 是小舟
塞外海面 划过划喽
要是我想起 在夕阳里
乃唯独会 把我求索

私の愛 それはメロディー
我的爱,是旋律

逛路上 晃动的小树
将分手之影子 投得斑驳
古老小教堂上之风向标
可否望见 街上夏之水彩
昨底爱 是眼泪
归根到底干涸 消失无痕
次日之爱 是副歌
爱语绵绵 无穷无尽
苟你自 在有生之年里撞
卿可是会 把我抱紧

たかく ひくく 歌うの
此起彼伏地哼唱

私の愛 それはカモメ
我的爱,是海鸥

たかく ひくく 飛ぶの
轻松地飞

夕陽の中 呼んでみたら
摸索在有生之年下呼喊

優しいあなたに 逢えるかしら
是不是能吃见温柔的而

誰かが弾く ピアノの音
大凡谁,弹奏钢琴的音

海鳴りみたいに きこえます
听起来,像海鸣

遅い午後を 行き交うひと
黄昏遇到的总人口

夏色の夢を 運ぶかしら
是不是会承载自己夏天的梦

私の愛 それはダイアリー
我的爱,是日记

日々のページ 綴るの
记下,每天的鲜

私の愛 それは小舟
我的爱,是小船

空の海を行くの
行驶向天

夕陽の中 振り返れば
以有生之年下,回眸定睛

あなたは私を 探すかしら
是否会见视,你追寻寻我的人影

散歩道に ゆれる木々は
林荫道上,摇曳的树枝

さよならの影を おとします
撒下,别离的树影

古いチャペル 風見の鶏
古的礼拜堂,鸡形的风向标

夏色の町は 見えるかしら
是不是会面看,弥散夏日味道的大街

昨日の愛 それは涙
昨底善,是眼泪

やがて 乾き 消えるの
终极会干涸,消逝

明日の愛 それはルフラン
次日之爱,是契合歌

終わりのない言葉
凡是无尽的讲话

夕陽の中 巡り合えば
而在晚年下相逢

あなたは私を 抱くかしら
若是否会见让本人一个搂抱

© 本文版权归作者  Maat
 所有,任何形式转载请联系作者。

发表评论

电子邮件地址不会被公开。 必填项已用*标注